目的に合ったシステムを選ぼう

ケーブル

自動制御システムを導入することで、現場で使用している様々な電気設備を人が操作せずとも適切な形で稼働させられるようになります。多様なシステムがあることから現場の状況を考慮して目的を定め、その目的を達成するのに最適なシステムを選び出すことが大切です。例えば、エアコンのコントロールを自動化して従業員が変更する必要をなくしつつ、電気代を最小限に抑えられるようにしながらも快適な空間を生み出したいといった目的で自動制御システムを導入するケースがあるでしょう。この場合のシステムとして、温度センサーによって温度が高いと検知したところを積極的に冷やし、快適になったら自動的に停止するといったものが魅力的です。設置温度も外気温から判断して快適に感じられるように自動的に設定する仕組みになっていると、従業員が誰も特に意識せずともいつも快適な環境になります。無駄に部屋を冷やし過ぎたり、暖かくし過ぎたりして光熱費を無駄にしてしまうこともないでしょう。このような形で現場環境をセンサーによって感知し、状況に応じて適切な機能のオンオフを制御するシステムが整っていると役に立ちます。単純に機械の電源をオンオフするだけの自動制御システムでは対応できないような繊細な問題にも対処できるからです。それが目的にかなっているなら導入して確かなコストパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

AIを活用することも可能

電気工事

IT業界ではAIの活用が進められ、他分野でも活用されるケースが出てきています。自動制御システムにはAIを導入しようという動きが強く、既に実用化に成功している例もあるので検討してみましょう。AIが使用されているメリットは人工的に作られた知能によって学習がおこなわれることです。例えば、空調を例に取ってみると一日のどのタイミングでオンにするかは大きな問題になります。就業時間前に現場に来て働いている人にも快適な環境を与えようと考えると、いつ頃出社するかを想定して少し早めにエアコンを稼働させるのが理想的でしょう。過去の出勤時刻から考えてこのくらいの時間に最初の人が出社するということを機械が学び、それに合わせてどのくらいから空調を開始すれば良いかを計算して自動的に空調を入れるといったシステムで環境を整えることができます。このようなAIの活用が着実に広まっているので、新たに自動制御システムを導入するときには目的に合ったAIシステムがあるかも調査してみるのが肝心です。

広告募集中